« GMショック・・・ | Main | 『サックス&ザ・シティ』・・・ »

November 14, 2008

明日は金融サミット・・・

時代は春秋戦国時代に突入か・・・?

G20・金融サミットの開催がいよいよ明日に迫ってきている。

フランス・サルコジ大統領は「ドルはもはや基軸通貨でない」というコメントをサミット前に発表した。

今回のサミットは、IMFの権限強化、金融システムの規制についてG20で話し合うという事であるが、米、英、仏、独、露、中などがイニシアティブを取り合いで紛糾すると思われている・・・

これにG8以外の新興国が会議に加わり、混乱に拍車をかける結果になるだろう・・・

結局、世界の金融安定化に向け、各国政府が協力するという方針だけ決まり、具体的にどうするかという事は次回以降への課題として残る・・・

この会議の結果を見て、市場は落胆・・・

週明けの株式市場、為替相場は大荒れが予想される・・・

そのあおりを受けてGMの株価も大荒れ・・・

来週後半には、GMの救済問題がまったなしの状況になる・・・

GMの手持ち資金を見ると、おそらく年末まで持たないと予想されている・・・

ブッシュ大統領は、GM救済に消極的であるが、オバマ次期大統領はビッグスリー救済に前向きなので、いずれにせよ、GMといわずビッグスリー救済に向かうと考えられる・・・

ただし、公的資金を注入するにしても、その額が充分でなければ効果は短いだろう・・・

すでに、アメリカの財政負担は急激に悪化しており、ビッグスリー救済に充分な資金を供給できる余裕は少ない・・・

おそらく少額の救済措置に落ち着き、その結果、GMの株価は小休止の後、また下落していくだろう・・・

年末に向けて、2日間株価が戻して、3日目に大幅下落するという、2歩進んで3歩下がるという感じで、下落していくトレンドをたどると予想する・・・

為替はその分、円高基調が継続し、来週は80円台がまた見えてくるんじゃないかなぁ・・・

焦点:金融サミット開幕へ、政治対立で成果限定か
http://special.reuters.co.jp/contents/uscrisis_article.html?storyID=2008-11-14T123600Z_01_NOOTR_RTRMDNC_0_JAPAN-349111-1.xml

[ワシントン 13日 ロイター] 緊急首脳会合(金融サミット)が14日夜、ワシントンで開幕する。金融危機の再発防止に向けた対策が話し合われるが、政治的な対立で大きな進展は期待できないとの見方が多い。

  議長を務めるブッシュ米大統領の任期は残り2カ月。欧州は市場の規制強化を主張しているが、ブッシュ大統領は規制強化に消極的な姿勢を示している。

  今回のサミットには新興国の首脳も参加するが、新興国の参加自体が議論の紛糾を招くとの見方も出ている。

  先進国は、国際通貨基金(IMF)など国際機関に新たな役割を付与することを検討しているが、新興国の間ではIMFの権限強化に慎重な姿勢が強い。

  ただ世界経済は景気後退色を強めており、各国首脳は金融危機の原因と今後の対策について何らかの指針を示す必要に迫られるとみられている。

  ブッシュ大統領は13日、「金融セクターの改革は不可欠だが、今日の問題の長期的な解決策は持続可能な経済成長にある」と発言。

  「答えは新たなシステムを作り出すことにはない。われわれが直面している問題を解決し、必要な改革を行い、世界中の人々に繁栄と希望をもたらしてきた自由市場の原則を推進していくことが答えだ」との考えを示した。

  <規制めぐる米欧の対立>サミットでは市場の規制改革が大きな議題となるが、規制をどの程度強化するかをめぐっては、特に欧州と米国の間に深い溝がある。

  ドイツ政府当局者は、サミットでは「市場と安定の新たなバランス」について協議すると発言。米国が考えている以上の抜本的な改革が必要との考えを示唆した。

  プライス米国家安全保障会議(NSC)副補佐官(国際経済担当)は、金融市場の混乱は「規制体制の一定の変更」が必要であることを示しているとし、改革は一定範囲内にとどめるべきだとの認識を示した。

  同補佐官は「国際金融市場の規制権限を1つの国際機関に付与することに支持を表明する声はどこからも出ていない」と述べた。

  フランスのサルコジ大統領は「第二次世界大戦以降ドルは唯一の国際通貨だったが、現在ではそうではないことを、あすワシントンに向かい(金融サミットで)説明する」とし、「1945年(の終戦時)に真実だったことが今日でも真実とは言えない」と述べている。

  <新興国の発言力強化>中国など新興国の発言権をどのように拡大していくかもサミットの焦点となる。

  ブラジル、ロシア、中国、インドのBRICs4カ国は先週末、G7の役割を補完するため国際機関での発言権を高めていく意向を表明した。

  サミットに参加する南アフリカ共和国のマニュエル財務相も「G7が仲間内の小さなクラブである時代は終わりを迎える」との見方を示した。

  金融サミットは複数回実施する予定で、来年第1・四半期にも2回目のサミットを開く可能性がある。

  今回のサミットで発表する共同声明では、金融危機の原因について一定の共同見解を示すとみられている。また各国政府の国内経済対策が声明に盛り込まれる可能性もある。

  ブラウン英首相は12日、各国政府による財政出動を拡大することに支持が集まっていると発言。サミットでもこの点を強調する可能性を示唆した。

  IMFなど国際機関の役割強化も議題になる予定。

  IMFについては、金融システムの監視強化と危機に見舞われた国への融資拡大を求める声が出ているが、新興国は、過去にIMF融資を受けた際に経済政策面で厳しい条件を突きつけられた経緯がある。

  またIMFへの出資比率が高い先進国が、新興国の出資拡大を認めるかどうかも不透明だ。

  カナダのフレアティ財務相は、13日付のフィナンシャル・タイムズ紙(FT)に寄稿し「ダイナミックな新興国が、国際舞台に全面的に参加する必要がある」と述べ、同国が過去に出資比率の引き下げを容認したことを指摘した。

  ただ欧州諸国については、IMFへの出資比率が必要以上に大きいとの見方が多いものの、これまでのところ、出資比率引き下げを自ら表明する国は出ていない。

  サミットは15日に閉幕する。

   

© Thomson Reuters 2008 All rights reserved.

|

« GMショック・・・ | Main | 『サックス&ザ・シティ』・・・ »

Comments

■世界経済と米国経済危機、3つのシナリオ「今の金融危機は問題の“症状”であり、“原因”ではない」-日本の明治維新を思い出すとき!!
こんにちは。最近ビジネスウィーク誌が、金融危機を脱するための3つのシナリオを出しました。そうして、一番良いシナリオは、イノベーションであり、特にアメリカが長期間にわたって大きな投資をしてきたバイオ産業、ナノテクの分野からイノベーションがおこることを期待するとしています。しかし、私はこれだけでは経済危機を乗り切ることは不可能だと思います。これを成就するためには社会的イノベーションが不可欠だと思います。これに関して、特に日本には非常に良いお手本があります。それは、明治維新です。これは、偉大な社会的イノベーションであり、世界に類を見ない無血革命だったと思います。今のこの時期こそ、明治維新を見直すべきです。私のブログでもつい最近オランダで発見された幕末の志士たちが一同に介したこの貴重な写真を掲載しました。素晴らしい写真だと思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

Posted by: yutakarlson | November 16, 2008 at 11:46 AM

To be a upright lenient being is to procure a kind of openness to the in the seventh heaven, an skill to guardianship aleatory things beyond your own control, that can lead you to be shattered in very exceptionally circumstances for which you were not to blame. That says something exceedingly important relating to the get of the principled autobiography: that it is based on a trust in the uncertain and on a willingness to be exposed; it's based on being mo

Posted by: Platinum | October 15, 2010 at 09:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58951/43115230

Listed below are links to weblogs that reference 明日は金融サミット・・・:

« GMショック・・・ | Main | 『サックス&ザ・シティ』・・・ »