« September 2007 | Main | February 2008 »

October 11, 2007

10月20日『経営コーチ起業家交流会』のご案内です(^^)

だんだん暑さも和らいで、すごしやすい日も増えてきましたね。
いよいよスポーツの秋、本格的に到来という感じでしょうか。
私はもっぱら食欲の秋ですけどね(^^)

スポーツの秋も食欲の秋もよいですが、勉学の秋もよいのでは
ないでしょうか(^^)

10月の交流会のお知らせです。
今回も大好評のゲーム研修です(^^)

今回は、田鍋氏と山内氏のコラボレーションでご提供させて頂きます。

会社運営と組織開発が体感できる研修となっています。

会社を運営する上で、経営ビジョンは大切ですが、それが社員に浸透し、
社員がそのビジョンに基づいて行動しなければ意味がありません。

起業を検討中の方、組織運営に問題を抱えている経営者の方、研修業務
を行っている会社の方、学生など、ご興味のある方のご参加をお待ち
しております(^^)

 経営コーチ倶楽部
  税理士 菊川敬規

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 経営コーチ倶楽部起業家交流会(旧みなとみらい起業家交流会)
  10月20日(土)東京・浅草
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新たに起業を検討中の方、創業間もない方、新規事業への展開を検討中
の方など、起業家のためにビジネスに関する情報を提供する場としての
交流会です。
みなさまにご愛顧頂いておりました『みなとみらい起業家交流会』です
が、この度リニューアルする事になりました。
名称も『経営コーチ倶楽部起業家交流会』とし新たな装いとなります。
『経営コーチ倶楽部起業家交流会』は、起業家をサポートする『経営
コーチ協会』が主催する交流会となります。詳しくは以下のHP
http://www.kc-club.jp/)をご覧下さい。

今回のセミナーは、会社運営&組織開発のメカニズムが体感できる!
ゲーム型研修 『アライメント』 の体験会です。

チームや会社といった複数人で、何かを成遂げようとしようとするとき、
「ビジョン」は重要です。しかし、ビジョンがあれば、すべてがうまくいく
というわけでもありません。 チームや、組織が一丸となって、
事にあたるためには、トータル的に、どのようなことを考えて、
行動する必要があるのでしょうか?

会社運営のゲームを通して、「自分の頭で考える」「実際に行動する」
「成功・失敗をする」「振返る」の体感から、深い気づきと学びが生まれます。
ゲームだからこそできる、新しい学びのカタチです。

会社運営を学びたい方、組織運営にお悩みの方、
組織や会社の縮図を、実際に体験してみたい方、
ゲームを使った研修手法そのものに興味のある方は是非、ご参加ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●案内人:
   山内 真一郎(創作株式会社 代表取締役)
   田鍋安弘(有限会社パフォーマンス・レバレッジ 代表取締役)

●研修内容制作:
   創作株式会社 http://www.sousaku.co.jp/
   有限会社パフォーマンス・レバレッジ http://www.pmv.co.jp/

●参加対象者 
 起業志望者、スタートアップ企業、アーリーステージ起業家、会社員、
 主婦、学生、金融機関、VC、大学・シンクタンク等の研究者、
 中小企業支援機関等の役職員等

●日時:平成19年10月20日(土)
 13:15(受付開始)
 13:30(ゲーム研修開始)
 16:20(ゲーム研修終了)
 16:20(名刺交換・交流タイム)
 16:30(終了予定)

●場所:東京都立産業貿易センター台東館 2階会議室
     最寄駅:浅草駅
     地図:http://www.sanbo.metro.tokyo.jp/access/access_tai.html

●参加費:2,000円(学生1,000円)
 (ドリンク代・諸経費含む)

●参加希望連絡先:Webサイトの申込フォームよりお申し込み下さい。
  http://www.kc-club.jp/content/category/18/35/102/
  http://www.ariakecf.co.jp/minato/

●下記、アドレスからの申込でもかまいません。
  mail@ariakecf.co.jp
 ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
  名刺を30枚程度ご用意ください。

-----------<申込書>--------------
【参加者氏名】
【フリガナ】
【住所】
【年齢】
【性別】
【自宅TEL/FAX】
【個人e-mail】
【会社名】
【会社住所】
【業種】
【会社TEL/FAX】
【会社e-mail】
【会社又は個人のURL】
―――――――――――――――――――――
 <お問い合わせ先>
 「経営コーチ倶楽部事務局」担当:稲葉
〒226-0025 横浜市緑区十日市場町861-6
 TEL 045-983-5616 FAX 045-982-8505


-----------------------------------------------------------
有限会社パフォーマンス・レバレッジ
代表取締役 田鍋安弘 - Yasuhiro Tanabe -
〒181-0012 東京都三鷹市上連雀1-12-17 SOHOプラザA-206
TEL: 0422-26-6321 / FAX : 0422-26-6322
WEB: http://www.pmv.co.jp/
EMAIL: nabe@pmv.co.jp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2007

下水道事業などの消費税、国税局が自治体から8億取り過ぎ(読売新聞)

================================================================
下水道事業などの消費税、国税局が自治体から8億取り過ぎ(読売新聞)
 自治体が行う下水道事業などにかかる消費税をめぐり、大阪、熊本など全国の11国税局・国税事務所が自治体に対して過大に課税していたことがわかった。

 国税庁によると、誤って課税されていたのは1県152市町村で、今年9月末時点で課税ミスの総額は約8億5900万円に上る。同庁は「消費税法の解釈を誤っていた。申し訳ない」と平謝りしており、各国税局は取りすぎた税金を自治体に還付する手続きを進めている。

 消費税は1989年に導入され、税理士などからも「税額算定や納税の仕組みが複雑だ」とする指摘がある。“税のプロ”の国税局でもミスが明るみに出たことで、仕組みのわかりにくさが改めて露呈した形だ。
=================================

例えば、社会保険事務所でも……社会保険の仕組みが複雑で社会保険事務所の役人でも計算間違うし、社労士でもよくわかんなかったりする……

税金も同じ…

膨大な税法を隅から隅まで全部暗記はできないし、毎年毎年改正改正が加わって、法律は増える事はあっても減る事はない……

税理士だって気を抜くと間違うし、今回のニュースは国税庁が間違ったって話……

社会保険もそうだけど、税金の計算も複雑すぎる…

消費税なんて難しいから、原則的な計算方法だけでなく、簡単な計算方法→「簡易課税方式」って計算方法もあるんだけど、この「簡易課税方式」ってのがまた難解なのだ???

ケースによっては原則法よりも複雑になる場合がある……なんだかなぁ………

また、消費税は、国等の特例ってのがあって、一般の民間企業に課税するときとは異なるやり方で計算する…

今回の自治体への課税の間違いって事だから、国等の特例の計算を間違えたって事かな…ニュースの文面から推定すると…

前から指摘してるけど、法律のための法律って感じで、国民の権利や生活を守ったりする事から乖離しているんじゃないかなぁ……

国会や政治家は法律を作るのが仕事だけど、これからは古くなってしまった法律や、必要なくなった法律を削ったり、複雑になりすぎて間違いが多すぎる法律を簡単になるように修正するような議論を国会でしていかなきゃいけないんじゃないかな…

法律を減らそうって言う政治家はいないねぇ…

法律をダイエットして、スリムにすれば、役人の数も減るって事に気が付かないのかな???

行政改革、行政改革って言ってるけど、役所の名前変えたり、役割を変えたりしても役人の数は変わらない………

だけど、法律が減れば、役所がやる仕事も減る……役所がやるべき仕事が減れば役人の数も減る事になる…

そんなに簡単にはいかないよって考える人もいると思うけど、法律を減らす効果はそれだけじゃない………

事務にかかるコストって生産性に乏しくて、日本国全体としてみたら、GNPを引き下げる事になると思うんだけどなぁ…

法律にも経済的なコスト意識が必要だと思う…

もちろん、費用対効果とは関係ない法律もあるけどね。

いずれにしても、法律を減らす事による事務コストの減少は、日本の競争力を大幅にアップする事に寄与すると思うね。

事務手続きが簡単になれば、事務コストが削減され、企業のコスト体質が改善される………

事務にかかる人員も減らす事ができて、そういう人員を生産性が高い配置に変える事で日本の競争力が高まっていく………

誰か、法律を減らそうって言う政治家が出てこないかな………

みんな喜ぶと思うんだけど………

| | Comments (36) | TrackBack (1)

October 02, 2007

出資法違反…

「円天」破綻…L&G強制捜査…

いやぁ~…

こういうネタ大好きなんだよね(^^;

なんでこうも次から次に引っかかるかね…

ちょっと考えれば、すぐに破綻するのはわかると思うんだけどなぁ…

5万人から、1,000億円集めたんだって…はぁ~…


背景としては、マイルなどのポイントが普及して、ポイントがほぼ現金等価物扱いになるという風潮を反映している、現代の犯罪ってイメージかな…

現金が「円天」という名称に変わっただけで、中身はなんにも変わってないのに、無限に使えるかのような錯覚をおこさせて出資させる手法なんだな…

まぁ得をするという錯覚をおこさせて、出資させるという事なんだろうけど…5万人も引っかかってる…

しかし、最近、いろんな投資話を聞くけど、みんな裏付け取らないのかなぁ…

相手を信用しすぎるっていうか…リスク管理が甘いというか…

あまり相手を信用しないのもギスギスして駄目だけど、もうちょっと慎重になる所は慎重になって、よ~く吟味しないとね。。。

その辺りの、これは危ない話かどうかとか、信用できる相手かどうかって所を判断できる能力を養わないとね。。。

それにしても…1,000億円…ハァ~…







===============================
<L&G>警視庁が強制捜査へ 円天システム破たん?
(毎日新聞 - 10月02日 03:12)

“円天”システムの構図


 「円天」と呼ぶ独自の電子マネーを導入して約5万人から1000億円前後を集めたとされる健康寝具販売会社「エル・アンド・ジー(L&G)」(東京都新宿区、波和二(かずつぎ)会長)グループが、違法に出資金を集めた疑いが強まったとして、警視庁生活経済課などは今週半ばにも、出資法違反容疑で強制捜査に乗り出す方針を固めた。円天システムは事実上破綻(はたん)したとみられ、同課は巨額の資金を集めたグループの実態解明を図る。

 グループは「3カ月ごとに9%の利息を支払い、満期(1年)になれば元金を返還する」と約束し、「協力金」名目で不特定多数から出資を募るなどした疑いが持たれている。今年2月に協力金への利息を現金ではなく円天で支払うと通知したため、会員との間でトラブルが多発。東京都も1日、都消費生活条例(不当勧誘行為)に抵触する疑いがあるとして立ち入り調査を行った。

 内部資料によると、グループは数年前に円天を導入、「保証金」名目で1回現金を支払うと、年に一度、携帯電話に同額面の円天が振り込まれるとうたっていた。10万円を1回預けると10万円天が毎年手に入る仕組みで、会員は円天を使って布団や日用品などをインターネット上のサイトで購入できるとされた。

 さらに、東京・銀座には販売オフィス「円天市場」を開設。全国のホテルなどを巡回するバザー形式の円天市場でも、円天を利用させていた。

 バザーに出品する加盟店は会員から受領した円天と引き換えに、L&Gから「貸し付け」名目で現金を受けていた。しかし、円天額面の25%しか現金を受け取れないため、多くの加盟店は円天での物品販売価格を現金時と比べて4倍以上高く設定していたという。

 グループは今年7月ごろ銀座の円天市場を一時閉鎖、巡回形式の円天市場も開かれなくなった。9月に本社や銀座で円天市場を再開したが、会員が所持する円天は使用できなくなった。資金回収が不可能になったと判断した一部会員らは、波会長らを刑事告訴する動きをみせている。

 グループは「不特定多数から出資を募っているわけではない」と違法性を否定している。会員の相談に応じる弁護士は「円天は無限に使える『夢のお金』のような話だが、違法な資金集めを隠す意味もあるのではないか」と指摘している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | February 2008 »