« June 2007 | Main | August 2007 »

July 30, 2007

選挙の感想…

いやぁ~…予想したよりも差が開いたねぇ~…

こっちでは、午後1時くらいから雷雨になったから、こりゃ浮動票が行かなくなって、自民有利になるかなぁと思ってたけど…

3時くらいにはすっかり上がって、雲の切れ間から日差しも出てきたんで、それから投票に行ったけど、そしたら結構な人出…

いつもより投票に来てる人が多いなぁという印象はあったけど、これだけ投票率があがれば簡単にひっくりかえるって事だね。

ちょこっと投票率があがれば、組織票よりも強いって事が証明できた。

やっぱり、投票は義務化しないと駄目だね。

この結果を受けても、阿部総理は辞めないって言ってる…

こちらは予想通り(笑)

テレビ東京でやってた選挙後予想ドラマが結構面白かった(^^)

民主党、小沢としては、阿部さんが政権にしがみついて続投をした方が、都合がいいと考えてるんじゃないかなぁ…

なんか知らないけど、阿部政権は人の揚げ足取るようなスキャンダルが出てくるし…多分、官僚側からのリーク情報だと邪推してるけど(笑)

選挙後にも、これまでみたいにスキャンダルが出てくるのかなぁ…選挙で惨敗したから、リークもなくなるような気がしてるんだけどね…

まぁ、自民党も民主党も、政策はそれほど大差ないからね。

これまで反対反対言ってた民主党が、どういう展開を見せるのか、これまで以上に国民の注目が集まると思うから、下手に動くと民主党支持率が下がるからね。

とりあえず、これ以上民主党の支持率が上がるとは思わないから、失策を指摘されないように、今回当選した目立つ候補者なんかの身辺を調査し直した方がいいんじゃないかな?(^^;

当選者のスキャンダルを探して、根掘り葉掘り調べるマスコミもいると思うしね(^^;

ちょこっと、国会が面白くなってきたけど、衆院と参院で否決しあって、動かないってのがしばらく続くのかな???

白黒つけるには、解散総選挙がいいんだけどなぁ…(^^)

ま、麻生氏が総理になったら、どんな批判を受けても、次ぎの衆院の選挙までじっと我慢するという戦略をとるだろうね。

次ぎの選挙までの間に、民主党のエラーを誘って民主党の支持率を下げる先方に出ると思う。

探偵やらなんやら使って、民主党議員のスキャンダルを探すんじゃないかな。

もっと、政策で争って欲しいんだけどね(^^;

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 28, 2007

やっぱり社保庁解体だな…こりゃ…

「5千万件精査」未着手の社保庁に勧告=監視委の意見具申受け-菅総務相 
(時事通信社 - 07月27日 21:10)
 社会保険庁の業務を監視する総務省の「年金業務・社会保険庁監視等委員会」(委員長・葛西敬之JR東海会長)は27日、同庁が宙に浮く年金記録5000万件の実態を精査する作業にいまだ入っていないとして、善処を求めるよう菅義偉総務相に意見具申した。これを受けて総務相が同日、柳沢伯夫厚生労働相に勧告を行った。

 監視委の意見具申などによると、基礎年金番号に未統合の5000万件の存在が今年2月の予備的調査で判明した際、安倍晋三首相がその実態について詳しく精査するよう指示したにもかかわらず、現時点で作業に着手していないという。 

[時事通信社]


あまりにひどい…

あれだけ毎日、新聞やTVでニュースになってるのに…

仕事しないんなら、賞与だってもらう資格ないじゃん。

そりゃ、全額返還だ!

…って、いうより、全員首だな(^^)

社保庁が解体されても、実質、社保庁職員を全員首にする事はできないんだけどね…

でも、できる事なら、マジ、全員首だよ…

なんで首相から言われた仕事もしない連中に税金から給料払わないといかんの???

毎年、毎年、社会保険料が上がってるのに…

こいつら…ホントに…あきれてモノも言えない…

ううう…解雇じゃ物足りない……拷問、市中引き回しの上、さらし首だな(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 26, 2007

8月の経営コーチ倶楽部起業家交流会のご案内です(^^)

8月の『経営コーチ倶楽部起業家交流会』のご案内です(^^)
名称が、『みなとみらい起業家交流会』から『経営コーチ倶楽部起業家交流会』へ変更となりました。
『経営コーチ倶楽部起業家交流会』も、引き続きご愛顧下さい。

今回はのセミナーは、楽しくゲームをしながら、なんとマーケティングスキルを勉強できるセミナーです(^^)

①マーケティングってよく聞くけど、よくわからないという方。
②もっと、自分のマーケティングスキルをアップしたい方。
③ゲームが好きだから遊びに行こうという方(^^)

ご興味のある方のご参加をお待ちしていま~す(^^)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 経営コーチ倶楽部起業家交流会(旧みなとみらい起業家交流会)
  8月4日(土)東京・千駄ヶ谷
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新たに起業を検討中の方、創業間もない方、新規事業への展開を検討中の方など、起業家のためにビジネスに関する情報を提供する場としての交流会です。
 みなさまにご愛顧頂いておりました『みなとみらい起業家交流会』ですが、この度リニューアルする事になりました。
名称も『経営コーチ倶楽部起業家交流会』とし新たな装いとなります。『経営コーチ倶楽部起業家交流会』は、起業家をサポートする『経営コーチ協会』が主催する交流会となります。詳しくは以下のHP(http://www.kc-club.jp/)をご覧下さい。

今回のセミナーは、市場が見える!マーケティング研修
 『マーケティング・ゲーム体験会』です。

「研修でマーケティングは身につかない」
そう考えている人は、多いのではないでしょうか?
確かにマーケティングは、実践の中からじわじわと学びとることができる《暗黙知》の代表とも言える存在です。

しかし、もし、
『たった90分でマーケティングの実践ノウハウが身につくゲーム』
があるとしたら、やってみたいと思いませんか?

「自分の頭で考える」
「実際に行動する」
「成功・失敗をする」
「そこから学ぶ」

ゲームだからこそできる、新しい学びのカタチです。

部下の育成をお考えの方、マーケティングを学びたい若手の方、
マーケ思考を身につけたい方、実際に体験してみたい方、
ゲームを使った研修手法そのものに興味のある方は是非、ご参加ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●案内人 山内 真一郎(創作株式会社 代表取締役)
●研修内容問合せ先
 創作株式会社 担当:安田 yasuda@sousaku.co.jp

●監修:水野与志朗(実践的ブランド・マーケティングの第一人者)
【ブランド・マネージャー実績】
・味の素ゼネラルフーヅ、マキシアム・ジャパン、ハーシージャパン
【著作】
・THE BRAND BIBLE(ザ・ブランド・バイブル)
・ブランド・マネージャー―たった一人のBMで会社がよみがえる
・戦略的パブリシティ

●研修内容制作:創作株式会社 http://www.sousaku.co.jp
【開発実績】
・雪印乳業株式会社 会社経営シミュレーション
・会社説明会用ビジネス・シミュレーション
・採用選考用ビジネスゲーム

●制作協力:株式会社マーケティング研究協会
―――――――――――――――――――――――
 創作株式会社
 代表取締役 山内 真一郎
 yamauchi@sousaku.co.jp
 http://www.sousaku.co.jp
 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-22-37
 ストーク西新宿福星ビル5F
 TEL:03-3360-5065 FAX:03-3366-7561
―――――――――――――――――――――――
●参加対象者 
 起業志望者、スタートアップ企業、アーリーステージ起業家、会社員、主婦、学生、金融機関、VC、大学・シンクタンク等の研究者、中小企業支援機関等の役職員等

●日時:平成19年8月4日(土)
12:45(受付開始)
13:00(ゲーム研修開演)
16:00(ゲーム研修終了)
16:00(名刺交換・交流タイム)
16:30(終了予定)
●場所:東京体育館 第三会議室(千駄ヶ谷駅)
●参加費:2,000円(学生1,000円)
 (ドリンク代・諸経費含む)
●参加希望連絡先:Webサイトの申込フォームよりお申し込み下さい。
  http://www.ariakecf.co.jp/minato/
  http://www.kc-club.jp/content/category/18/35/102/
●下記、アドレスからの申込でもかまいません。
  mail@ariakecf.co.jp
 ※定員になり次締め切らせていただきます。
名刺を30枚程度ご用意ください。
-----------<申込書>--------------
【参加者氏名】
【フリガナ】
【住所】
【年齢】
【性別】
【自宅TEL/FAX】
【個人e-mail】
【会社名】
【会社住所】
【業種】
【会社TEL/FAX】
【会社e-mail】
【会社又は個人のURL】
―――――――――――――――――――――
 <お問い合わせ先>
 「経営コーチ倶楽部事務局」担当:稲葉
〒226-0025 横浜市緑区十日市場町861-6
 TEL 045-983-5616 FAX

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2007

年金問題 3

例えば、福祉先進国としてよく取り上げられるスウェーデン王国

人口は約900万人・・・

日本の消えた年金と言われているのは、約5000万人・・・

スウェーデンの人口の約5倍の年金がよくわからない状態って・・・(^^;

人口の少ないスウェーデンと単純に比較する事はできないけど、日本の国民年金は、強制加入ですべての国民が加入している事が前提・・・

それならそれで、管理システムは厳格にやらないと、すべての国民の生活にかかわってくる問題だからね。

今度の選挙は、年金がひとつの焦点になっている・・・

年金問題って、若い人より、給付を受ける高齢者の方が関心が強い・・・

また若い人よりも、高齢者の方が選挙投票率が高い・・・

となると、今度の選挙は自民党惨敗かな・・・

ただし、今回、社会保険庁が延命を諮るために、自民党の醜聞をリークしている模様・・・

肉を切らせて骨を切るじゃないけど、みずから社保庁のミスをリークする事で、マスコミが社保庁をたたき、結果として自民党の支持率が落ちる・・・

民主党は、自民党の政策になんでもかんでも反対なので、社保庁解体をしないで延命するような事を言ってるから、社保庁にとっては、今回、自民党を負けさせて、延命を諮ろうとしている・・・

年金問題に限定すれば、今回は自民党の方が真面目に対応するような気がする・・・

今回、自民党へ入れない人は、民主党と自民党、どちらが真摯に対応するか、よく見極める必要があるねぇ・・・

これまでの責任は当然、自民党にあると思うけど、それだけに、自民党としてはこの年金問題をあやふやな解決にする訳にはいかない・・・

国民の納得のいくように解決を図るには、やはり社保庁解体しかない・・・延命させたら自民党の支持率がまた下がる事になるからね・・・

官僚の思うとおりに、政党が踊らさせられてるって印象かなぁ・・・

官僚が責任を取るような法律を作らないと駄目だよね・・・

そういう事が言えて、実行できる政治家が出てこないと日本の将来の明るさは見えて来ないかな・・・

| | Comments (2) | TrackBack (1)

July 09, 2007

きくりん戦隊・・・

すごくくだらないサイト・・・

ばかばかしくて笑っちゃう(^^)

http://maker.usoko.net/nounai/



きくりんの脳内は、「欲」だけで一杯になってまちた(^^;












きくりん高校
きくりん高校

きくりん高校校歌
堂々と「肉」が好きだと言えるよに 省エネタイプのセーラー服 
開放感をぶち壊せ 世にも奇妙な夏休み 
涙の数だけ強くなる ウグイス張りの教室で 
ああ きくりん高生 美人と節約の申し子よ 


きくりんシティ
きくりん市

きくりん音頭
産んで泳いで旅行して サテ
地主を優しく包む街
思い出に焦がれて時を磨く ソイヤ
素敵な香り漂う街
レッドシティ ホワイトシティ
彼氏を想って身を焦がす
レッドシティ ホワイトシティ
わさわさ出てくる欠陥住宅
きくりん音頭でヒザワレル
きくりん音頭でテキミカタ


きくりん相撲部屋
きくりん部屋


きくりん戦隊
故郷戦隊きくりんジャー

テーマソング
燃えろ!乗せろ!挟ませろ!
平和のためなら家から出ます
たまに素早くロックロックロック
ホントはこの手を汚したくない

こ・ち・ら・こ・そ(それはそれとて)
は・し・り・だ・せ(そして今夜は)

マインド&パンチ
嘘つきは戦隊のはじまりだぜ

ひとりでできるの きくりんジャー
みんなおいでよ きくりんジャー

| | Comments (5) | TrackBack (0)

July 02, 2007

年金問題 2

年金問題は、資料も保存してないものもあるようだし、完全に解明する事は不可能でしょうね。

一番、納得いく方法は、すべての受給者に無条件で年金の支払いを保証して、財源を税方式に移行する事しかないんじゃないかな。

社会保険方式は、負担と給付の関係が明確になるから成り立つ理論であって、今みたいに社会保険庁の記録が不正確なら、この理論は成立しないからね。

いずれにしても、支払うモノとしては国民の負担として社会保険方式にしても、税方式にしても同じなんだから、給付と負担の関係にこだわらなくてもいいんじゃないかって事。

租税理論としては、税は、見返りを求めないモノだから、負担したから給付がもらえるとは限らない・・・

今の年金の現状を見ると、支払ったモノともらえる年金の対応ができていないから、結果として税金と性質が同じなんだよね。

それなら、現状に合わせて、税方式に移行する方が現状に合う方式になる。

税方式に移行すると、社会保険庁がいらない事になるから、これまで頑強に抵抗してきたんだけどね。

もう、ここまで問題が大きくなったら社会保険庁解体は避けられない。

この機会に、税方式への移行を真面目に議論した方がいいと思うけどなぁ・・・

これだけも問題を起こした社会保険庁は救えないし、社会保険庁を救うと、国民が救われないよね(^^;

毎日のように社会保険庁のいい加減さが報道されているけど、まだ出てくるかな?(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »