« June 2006 | Main | December 2006 »

July 26, 2006

「ハリポタ」翻訳家、35億円申告漏れ

『「ハリポタ」翻訳家、35億円申告漏れ』

急に金もちになると、気になるのが税金・・・

特に当たりはずれに大きい業種業界に多いのが脱税・・・

今年大当たりしても、来年以降も大儲けできるとは限らないからね。

来年の保証がないのに、儲けた年に税金を払うのがもったいなくて仕方がなくなるって訳だ・・・

今回のケースは、税金の高い日本を脱出して非居住者になり、脱出先のスイスで税金を払おうというスキームだった。

スイスの税法は知らないが、当然日本より安いのだろう。

日本の税法では、半年以上海外にいる場合には、非居住者になる。
非居住者になれば、日本国内で税金を納める必要がなくなる。

今回のケースでは、どうも年間182日以上日本に滞在していたので非居住者という納税者の主張が認められなかったようだ・・・

でも、有名なハリー・ポッターの翻訳家だよ・・・
子供に夢を売ってるような商売の人間が、非居住者扱いになって税逃れをしようってのが気に入らない・・・

例え日本の税金が高かろうが、子供に夢を売るような商売の人間が、税逃れのスキームを実行してせっせと蓄財するって人道的にどうかなと思う・・・

例え合法的であろうとも、こういう人間は倫理的に許せない・・・

子供達に謝罪して、35億円は日本育英会にでも寄付したらどうかな・・・

こういう腐った大人に、子供達が食い物にされて欲しくないなぁ・・・

===========================
○「ハリポタ」翻訳家、35億円申告漏れ=生活の本拠は日本-国税認定 
(時事通信社 - 07月26日 11:10)
 世界的ベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの日本語訳で知られる翻訳家の松岡佑子さん(62)が同シリーズの翻訳収入をめぐり、東京国税局から2004年までの3年間で35億円超の申告漏れを指摘されたことが26日、分かった。松岡さんはスイス居住者だとして同国で申告したが、生活の本拠は日本にあると認定されたという。

 追徴税額は、過少申告加算税を含め7億円超とみられる。松岡さんは異議を申し立て、両国の国税当局による相互協議も申し立てたという。 

[時事通信社]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2006

歯科医師受難の時代・・・

<空リース契約>歯科医に未払い金請求訴訟 NTT子会社

どうも、こういう記事に反応する・・・(^^;

これ、よくありそうな手口だけど、かなりの確立でひっかかりそうだなぁ・・・

詐欺としては単純だけど、よくできてるスキームだと思う・・・(^^;

歯科医が食い物にされた事例だね。

この仕事やってて感じる印象は、お医者さんと学校の先生はだまされやすいという感じは受けるなぁ・・・

すべてのお医者さんと学校の先生が世間知らずという訳ではないけど・・・

共通しているのは、単に世間知らずというだけでなく、先生商売で自分から頭を下げる事を知らない商売という事・・・

つまり営業をした経験がないって事が共通事項のひとつとしてあげられる。

これだけが詐欺に遭う共通事項という訳ではないが、付け加えて、相手の気持ちを読み取るとかくみ取るのが下手な人が多い・・・

常に自分中心で世界が回っている職業だから、あまり相手の立場に立ってモノを考えるくせがついていないんだな・・・

教師が生徒に対し、あるいは医者が患者に対し、ハラスメント発言するのは相手を見下している、あるいは人としてではなくモノとして見てるからか・・・


まぁ、話の本筋から離れたけど、ビジネスにおいてのリスク管理の方法やどの辺りに注意しなければならないかという事を理解していない事が詐欺に遭う原因だろうな・・・

この空リースの話は、仲介会社をもっと疑って信用調査をすればよかった。

「契約額の7割を裏で融資する・・・」なんて甘い言葉だろう・・・自分も引っかかりそう(笑)

これ、住宅ローン融資などでもよくある手口・・・
実際の購入金額よりも多くの融資をもらって、購入金額との差額を運転資金に回す手口・・・

仲介会社が信頼できればよいスキームだろうなぁ・・・まったく裏の融資がないって事は最初から騙す絵を描かれていたって事だから、かなり悪質・・・

空リース・・・実は非常に多くの会社がやっていると思う・・・
今回、仲介会社が約束通りに動かなかったため表に出た・・・

これ、歯医者が真面目にリース額を返済できれば表に出る事がないスキームだからね・・・

これで自己破産する歯医者も出てくるんだろうなぁ・・・歯医者も受難の時代に突入だ・・・

そういえば、栃木だか茨城だかの歯科医師会が自民党支持をやめて、民主党支持に変えたそうだ・・・

日本歯科医師会は、歯医者が歯科医師会に加入すると自動的に自民支持の政治連盟に参加させられる・・・

地方のこの反乱は政治的には大きな波紋を呼びそうだ・・・


実は、税理士も税理士会に加入しないと開業できない・・・だが、加入と同時に自民党支持の政治連盟への加入手続きが付いてくる(笑)

自分は入ってないけど、その昔は強制加入に近かったらしい・・・

それで裁判もやってるもんね。

歯科医師会加入とか税理士会加入が、自民党支持が条件って明らかにおかしい・・・


また、話が横道にそれた・・・(^^;
どうも自分の思考回路はすぐに枝分かれするらしい・・・(^^;


という訳で、歯科医師にとっては大変つらい時代になってきたという事で閉めたかったのであった・・・(^^;

===========================





<空リース契約>歯科医に未払い金請求訴訟 NTT子会社
(毎日新聞 - 07月24日 03:11)
 空リース契約で約40億円の被害を受けたNTT東日本のグループ会社「NTTレンタル・エンジニアリング」(NTTREC、東京都千代田区)が、リース料を支払わない歯科医二十数人に、総額約20億円の未払い金請求訴訟を起こしていたことが分かった。係争中の数件を除く全訴訟で歯科医側が敗訴(和解含む)し、経営する医療法人が解散に追い込まれたケースもある。大阪の仲介会社による詐欺的商法の被害が、歯科医にも及んでいる実態が浮かんだ。

 「契約額の7割を(裏で)融資する」。仲介会社「ツインビットジャパンコーポレーション」(大阪市阿倍野区、休眠中)の営業マンは00年秋、北関東の歯科医(52)にこう切り出した。

 レセプト(診療報酬明細書)計算機器のリース契約を締結すると、NTTRECは仲介会社に機器の購入代金を支払う。仲介会社は機器を買って歯科医に提供、歯科医が毎月リース代を払う--。契約書は正規のリース契約を装っていた。ところが営業マンは「契約は架空。機器は購入せず(浮いた購入代金の)7割を融資する」と明かしたという。

 約2000万円の医療機器を調達できず困っていた歯科医には、魅力的な提案だった。3000万円程度の空リース契約を結ぼうと考えたが「(NTTRECの)審査に通るかどうか分からない」と言われ8通もの申込書を作った。結局、機器27台を5年間リースする総額約1億2000万円の契約が成立。しかし融資はまったくなく、仲介会社と連絡さえ取れないまま、毎月201万円余のリース代支払い義務だけが残った。

 リース代を支払えなくなった歯科医はNTTRECに訴訟を起こされ、今年4月、遅延損害金を含め約1億5000万円の支払いを命じる判決を受け、確定した。経営する医療法人が解散に追い込まれ、歯科医は「融資欲しさに契約した自分も悪いが、仲介会社にだまされた事情を考慮してほしかった」と語った。

 NTTRECは03年以降、歯科医を含む二十数人に約20億円のリース代支払いを求め、東京地裁に提訴。うち6件でNTTRECの主張を認める形で和解が成立し、残る訴訟でも既に判決があった全件で、NTTRECが勝訴している。
Copyright(C) 2006 毎日新聞社 記事・写真の無断転載を禁じます。
掲載情報の著作権は提供元企業に帰属します。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 01, 2006

7月の『みなとみらい起業家交流会』のご案内です(^^)

管理人の菊川です。

梅雨も後半に入ってきたようですが、皆様どのようにお過ごしでしょうか。
今月の交流会・セミナーの開催日までには梅雨明けするといいですね(^^)

今月の『みなとみらい起業家交流会』のご案内です。

今回のセミナーは、公認会計士の石橋幸生先生のお話です。
簿記の入門講座と会計監査についてお話しいただけます。

これから簿記の知識も必要だなぁと思われる方は、この機会に是非ご参加ください(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ みなとみらい起業家交流会 7月17日(月・祭)
横浜・桜木町
 起業家のためのセミナーシリーズ
「基礎簿記・会計監査入門セミナー」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新たに起業を検討中の方、創業間もない方、新規事業への展開を検討中の方など、起業家のためにビジネスに関する情報を提供する場としての交流会です。
 『みなとみらい起業家交流会』は、『有明Consulting Firm(ACF)』が母体となって運営している交流会です。『ACF』は、弁護士、税理士、社労士などの士業を中心とした集まりで、起業家の支援を行うバックオフィス系インキュベーターです。バックオフィスのサポートだけでなく、参加起業家達と結びつけビジネスの連携を広げていくのを目的としています。
活動の趣旨にご賛同の方のご参加をお待ちしています。

今回のセミナーは、「起業家のための基礎簿記・監査入門セミナー」です。
講師は公認会計士の石橋幸夫先生です。
石橋先生は、難関の公認会計士二次試験を最年少の19歳で突破された優秀な先生です。

起業するにあたっても会社の中にいても簿記の知識は重要です。
このセミナーでは、難しい簡単を易しく解説していただきます。
また、帳簿における不正と監査についてもお話しいただけます。
企業がどのように帳簿を操作して不正を行っているのか、その不正を会計士がどのように見破るのかといったお話しもしていただける予定です。
皆さんの参加申し込みお待ちしております。

●こんな方におすすめです
 ・やはり簿記の知識は必要だと感じている方。
 ・近い将来、管理職となる可能性がある方
 ・独立・起業を検討中の方。
 ご興味のある方の参加申込をお待ちしております。

■参加対象者 
 起業志望者、スタートアップ起業家、アーリーステージ起業家、主婦、学生、メーカー、商社、銀行、VC、大学・シンクタンク等の研究者、中小企業支援機関等の役職員等

■日時:平成18年7月17日(月・祭)
 14:00(受付開始)
 14:30(セミナー開演)
 18:00(セミナー終了予定)

■場所: 横浜市市民活動支援センター
横浜市中区桜木町1-1-56 みなとみらい21クリーンセンター4F
TEL 045-223-2666
http://kokomail.mapfan.com/receivew.cgi?MAP=E139.37.58.4N35.26.59.8&ZM=11&CI=R

■参加費:2,000円(学生1,000円)
 (ドリンク代・諸経費含む)

■参加希望連絡先:Webサイトの申込フォームよりお申し込み下さい。
  http://www.ariakecf.co.jp/minato/

■下記、アドレスからの申込でもかまいません。
  mail@ariakecf.co.jp
 ※定員になり次締め切らせていただきます。
  名刺を30枚程度ご用意ください。
-----------<申込書>--------------
【参加者氏名】
【フリガナ】
【住所】
【年齢】
【性別】
【自宅TEL/FAX】
【個人e-mail】
【会社名】
【会社住所】
【業種】
【会社TEL/FAX】
【会社e-mail】
【会社又は個人のURL】
―――――――――――――――――――――
 <お問い合わせ先>
 「有明 Consulting Firm」 
 〒107-0052 東京都港区赤坂3-11-14-805
 TEL 03-3568-1400 FAX 03-3568-1401

--------------------------------------------------

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | December 2006 »