« January 2006 | Main | March 2006 »

February 28, 2006

法律とコストの関係について・・・・

Continue reading "法律とコストの関係について・・・・"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2006

決算書の見方・・・

下記は、ゲンダイネットの記事・・・

まぁ、かなりポイントだけだから、これで見方がすべてわかったって事にはならないけど。

ただ、簿記の勉強をした人が財務諸表の見方がわからないという人もいる。

簿記の知識と、財務諸表分析はまったくの別物。

もちろん、簿記の知識が少しはないと、財務諸表も読みにくい。

ただし、詳細な仕訳ができたりする必要はなく、財務諸表論の基礎知識レベル・・・資産、負債、資本・・・収益と費用、利益の貸借がわかるレベルで充分。

簿記の勉強をした人が、みな、財務諸表分析ができるというのは間違い。

でも、せっかく簿記の勉強をしたのなら、財務諸表分析の勉強までするべき。

レベル的には、簿記の方がはるかに難しいから、財務諸表分析はちょっとやれば誰でもできる。

ただし、財務諸表分析で企業のすべてがわかる訳ではない。
会社の実体は、数字がすべてを物語ってくれるわけではないのだ。

ライブドア事件のように、会社が財務諸表で嘘を言ってる場合には、どんなに詳細な分析をしてもその嘘が見破れなければ、嘘を前提とした分析では、間違った結果がでてくる事になる。

そこで会社が財務諸表に嘘を記載しているかどうかを見破らなければならない・・・

ただこれは、会社が意図的に隠そうとしている場合に発見するのは難しい。

また、一般の投資家が自己ですべての投資対象となる会社の財務諸表の真贋を判定するのは困難・・・

そこで、外部の第3者、公認会計士による監査の必要性がでてくる。

公認会計士が「この財務諸表は適正ですよ」といって署名捺印する。

会計士が認めた財務諸表なら大丈夫だろうという事で、安心して財務分析を行い、株の取引が行えるのだ。

その意味で会計士の責任は重い・・・

ただし、会社側にとっては、監査報酬の額はかなりの負担で、この費用は、あくまでもバックオフィスの費用・・・収益は生み出さない・・・できるだけ安くすませたいのが本音。

また、会社が監査報酬を支払っているのだから、監査法人は実質は下請けのようなもの・・・会社としては、会社が作成した財務諸表にいちゃもんをつける監査法人なんかいらないというのが本音。

これはシステムが間違っていると思うなぁ・・・監査する側が監査される側からお金をもらっていれば、言いたい事もいえなくなるんじゃないかい?

もし、会社側が粉飾など犯罪を犯している場合、警察官が泥棒からお金をもらっているようなもの・・・これでは不正ななかなか表に出てこない・・・

嘘を重ねた結果、経営が行き詰まり会社が実際に破綻してしまった場合や、別件で問題になったときでなければ、財務諸表が嘘だった事が判明しない・・・

経理の現場にいる者からの感覚としては、程度の差こそあれ、ある程度数字をいじっている会社は数十パーセントはあるだろう・・・

同族会社の場合、第3者の目も行き届かないので、その確立は高くなる。

税務署に提出する財務諸表と、融資を受けるために銀行などに提出する財務諸表と、まったく別の財務諸表を作成している会社もある。

従って、財務諸表分析は万能ではない・・・

会社が意図的に数字を操作している場合には、一般の投資家がそれを見破るのは容易ではない・・・
対応策はないといってよいだろう。

安全策を取るならば、「君子危うきに近寄らず」・・・
値動きが激しい株には手を出さない事だ・・・何かあった場合には、会計士のハンコは何の保証にもならない・・・

決して、会計士を批判しているのではない・・・会社から監査報酬をもらうシステムに問題があると指摘しているのだ。

でも、この問題を解決するのは難しだろうなぁ・・・
監査する人を監査する制度を導入して、それをまた監査する制度を導入と、きりがなくなるだけ・・・(^^;

結局どんなに精巧なシステムを構築したとしても、所詮、人間が嘘をつくのを防ぐ事はできない・・・

嘘をつく事を前提とした対応策を講じておくしかないだろう。
これは個人レベルでも同じ事・・・

何かを信じるという事は、リスクを取ると言うこと・・・

財務諸表を信じる・・・

会計士を信じる・・・

会社を信じる・・・

人を信じる・・・

何かを信じるという事は、リスクを取るという事・・・

でも、みなさん、人を信じましょうね。
監視国家は嫌だから・・・(^^;

===========================

決算書のここを見ろ
(ゲンダイネット - 02月26日 14:10)
「ホリエモンの錬金術」というウェブサイトをご存じだろうか? ニッポン放送株買い占めで絶頂期にあった1年前からホリエモンとライブドアについて「粉飾の疑いが極めて濃厚」「その手法は詐術と言ってもいい」と指摘し、堀江逮捕、株価急落を予測する記述を続けた会計士のサイトだ。彼は公表された決算書を分析し、インチキを見破ったという。それだけ決算書の数字は事実を物語るということだ。ビジネスマンも決算書を読み解く能力があれば、取引会社の支払い能力、投資先の将来性、転職先の良し悪しを探る手がかりを得られるはずだ。

「決算書」と呼ばれる書類はいくつかあるが、重要なのは「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」の3つだ。

 公認会計士の増田尚功氏がこう言う。

「決算日にどんな財産や借金がどれだけあるかを示す『貸借対照表』、1年間にどれだけ儲かったか損したかを示す『損益計算書』、1年間の現金の出入りを示す『キャッシュフロー計算書』の3つを突き合わせると、その会社の経営実態がかなり正確に見えてきます。例えば、損益計算書が黒字でも、資金回収の遅れで運転資金のやりくりがつかずキャッシュフローがマイナスになり、黒字倒産することがある。この3つを見比べれば会社の実情はおおよそ分かります」

 どんなビジネスシーンでどの決算数字をどのように読んだらいいのか。

●営業マンは取引先の仕入れ先の流動比率をチェックせよ

 営業マンにとって販売代金をキチンと回収できるかどうかは死活問題。その会社の支払い能力は、1年以内に現金化できる資産である「流動資産」を、1年以内に返済する必要のある負債である「流動負債」で割り、財務の安全性を示す流動比率を求めればいい。どちらも「貸借対照表」に載っており、100%以下なら目先の資金が不足する恐れがある。

「100%を超えていても油断は禁物です。流動資産には下落リスクのある株も含まれているし、支払いが滞ったままの売掛金などの不良債権や、売れる見通しの低い不良在庫も含まれているからです」(前出の増田氏)

 そこで経営の効率性を示す売掛債権回転期間(売掛債権÷1日の売上高)もあわせて調べたい。これは売上債権が回収されるのに何日かかるかを見るもので、期間が長ければ、資金の回収状況が悪く、不良債権の存在が疑われる。

●長期保有株を見つけるなら総資産と売上高の増減に着目せよ

 株式を長期保有する際に最優先すべきは、経営陣がコスト意識を持って経営しているかどうかの見極めだ。貸借対照表の「総資産」と、損益計算書の「売上高」「販売費及び一般管理費」の過去5年間の推移を見比べれば、それが分かる。

「『総資産』を減らせばその分、借金などで資本を調達する必要性が少なくなる。『売上高』の伸び率に対して、宣伝費や社員の給料、社屋の家賃などの経費を示す『販売費及び一般管理費』の伸び率が低いか金額が減っているなら、意識的にコストを下げる努力をしているといえます」(前出の増田氏)

●転職希望者は目先の給料より「労働分配率」で企業体質を見る

“よい会社”の定義は人それぞれだが、転職先を探している人にとって一番気になるのは給料の額だろう。しかし、給料が多少よくても、すぐに倒産したりリストラを始めたりする恐れがある会社は“いい会社”とはいえない。それを知るには、会社が新たに生み出した価値のうちの何割を人件費に回しているかを示す「労働分配率」を見ればいい。労働分配率は損益計算書に載っている人件費÷売上総利益×100で計算する。これが30%以下なら、その企業の体質は優良、40%前後で平均的といえる。

 なお、上場企業の決算書は、各企業のホームページや金融庁のEDINETなどから簡単に手に入れられる。

【2006年2月23日掲載】

| | Comments (0) | TrackBack (0)

社会保険料支払証明書の添付・・・

今年の確定申告から、確定申告書に社会保険料の支払証明書を添付する事が義務付けされた。

サラリーマンの場合、社会保険料は給料から天引きされているので添付の必要はない。

個人で、国民年金や国民健康保険を支払っている人。
健康保険や厚生年金を任意継続している人は、添付しなければ社会保険料の控除が認められなくなった。

これまでは、証明書の添付は必要なく、実際に払っていない人でも、数字さえ入れておけば調査される事もなく社会保険料の控除が認められていた。

国民年金や国民健康保険の未加入・未納付が横行しているための措置である。

ただ現場では、それほど厳しくないらしい・・・厳密にいけば、添付がなければ社会保険料の控除ができなくても仕方がないが・・・結構、ノーチェックで通っているという話・・・

原則、強制加入だからね・・・証明書はなくす人もいるだろうし・・・あまり厳しくするとまた税務署の評判悪くするし・・・

ま、ちゃんと払っている人は、トラブル避けるためにもちゃんと添付しましょう(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2006

『グーグル・マップス』すげぇ~っ!(^^)

この記事を見て、初めて、『グーグル・マップス』を使ってみた。
おもしれ~(^^)

うちのビルも出てきた。

でも、どうやって活用しよう・・・




=========================

『グーグル・マップス』の中心はカンザス州の片田舎

(Hotwired - 02月24日 19:59)

 カンザス州コフィービル郊外にあるクリスティン・クリスペルさんの馬牧場を見つけたいなら、手順は簡単だ。

 ステップ1:『グーグル・マップス』にアクセスする。

 ステップ2:ズームインする。

 人里離れた場所に『コフィービル・カントリー・クラブ』があり、クリスペルさんの53エーカーの『シャムロック・K・ホース・センター』はそのすぐ北側に位置している。米グーグル社によると、実は世界の中心はここだということになっている。

 「引っ越して来たとき、ここは米国のどの場所から見ても中間にあると言われた」とクリスペルさんは話した。「輸送経路としては、ジョプリン(ミズーリ州)、ウィチタ(カンザス州)、タルサ(オクラホマ州)とどこに行くにも非常に便利だ」

 2005年2月にサービスが開始されたグーグル・マップスによって、コフィービルは有名になった。市のある職員はこう話した。「世界中から電子メールが届く。みんなどこまで肉薄できるのか知りたいのだ」

 グーグル・マップスはデフォルトで、米国の全体地図から緯度37.0625、経度-95.677068の地点へとズームインする設定になっている。この地点は、グーグル上ではくすんだ茶色のピクセルで、実際には「休閑中の雑草が生い茂る野原」だと、ジオキャッシング[GPSとインターネットを使った宝探しゲーム]の熱烈な愛好家であるマギー・デューさんは話した。デューさんは今月、米ガーミン社製のGPS受信機『イートレックス』を使ってこの場所にたどり着いた。

 デューさん――コフィービル近くの発掘現場で作業中の考古学者――は、その地点から最も近いある家の車寄せに車を停めて、そこの住人に話しかけた。「自分の所有地がグーグル・マップスの中心になっていることを知っていますかと私は尋ねた。そうすると住人は、頭がおかしいのかといった表情で私を眺めていた」

 この場所は、グーグルなしではいられない人々――ブロガーたち――のさまざまな憶測を呼んている。

 「カンザス州は、測地学的に北米の中心であり、地理的に48州の中心でもある」とブロガーのミラン・ド・フリースさんは書いている。「しかしコフィービルはそのどちらにも当てはまらないため、グーグル社がどういった指標を使用しているのかは不明だが、それでもカンザス州は米国の中心だ。参考までに、宇宙の中心はいまでもエルサレムだ」

 1892年にダルトン・ギャングが全滅したことで有名な、オクラホマ州との州境にある人口1万1000人のコフィービルが地図の中心に選ばれた理由は、グーグル社の広報担当者も説明できなかった。

 コフィービルには、この町最大の雇用主、米アマゾン・コム社の拠点がある。同社はこの地に約9万3000平方メートルの配送センターを置き、フルタイムの従業員が500人いて、クリスマス・シーズンには1000人の臨時従業員が働いているが、グーグル社がそうした理由でここを選んだということは、まずもってありそうにない。

 グーグル社の誰かがサービスの準備段階で編集に関して指示を出したというケースはいくつかあるようだ。

 グーグル社が提供しているもう1つの地図サービス『グーグル・アース』では、中心はカンザス州ローレンスになっているが、ここは同社幹部のブライアン・マックレンドン氏の故郷で、母校のカンザス大学の所在地であることから選ばれた。

 「(サンフランシスコ49ersの本拠地)『キャンドルスティック・パーク』を見ると、どうもゲームをやっているイメージだ」と『グーグル・マップス・ハックス』(Google Maps Hacks)の著者の1人、リッチ・ギブソン氏は話す。「そもそも競技場でプレイするチームが実際に見える。オークランド(レイダーズの本拠地)に行ったら、スタジアムはゴーストタウンだ」

 セキュリティー上の理由から行なわれている編集もある――ワシントンDCのオブザーバトリー・サークル1番地にあるディック・チェイニー米副大統領の住居は、ぼやかされてわからないようになっている。またホワイトハウス周辺の屋根の詳細も不明瞭だ。

 コフィービルは、『グーグル・マップスAPI』――グーグル社の地図データを使ってウェブ・サービスを開発できるインターフェース――上で作られたソフトウェアで特別な位置づけにある。グーグル・マップスが場所を探し出せない場合、ユーザーはグーグル・マップスのお気に入りの場所に案内されるようになっているからだ。

 「グーグル・マップスは混乱すると、地図の中心を表示するようデフォルトで設定されている」とギブソン氏は話す。

 そのおかげで、旅行ポータルの『イーチタウン・コム』は、ケンタッキー州ビッグ・リーディーと、イリノイ州マッゴウ・パークの2つの都市がクリスペルさんの玄関口にあると教えてしまった。また映画ファンに最も近い映画館を紹介するサービスは、テキサス州オースティンに住む映画ファンに対し、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』を見るために数百キロも北に車を走らせるよう勧めていた。

 「ダース・ベイダーの衣装で決めた大群衆が、コフィービルで(オースティンにある)映画館『レイクライン・モール・リーガル・シネマ』を探している図が思い浮かぶ」と、ある読者がブログ『ライフハッカー』に投稿している。「コフィービルはダース・ベイダーの侵略にどんな反応を示すだろうか。これは災いのもとだ」

 クリスペルさんが「夢の牧場」を手に入れたのは8年前。ここでクリスペルさんはアラブ種の馬の展示と飼育を行なってきた。クリスペルさんのウェブサイトは米国中からこのグーグル・マップス世界の中心地に顧客を集め、彼女の厩舎と飼育ビジネスを支えている。

 コフィービルは「ちょうどいい小ささ」の静かな中西部の町だとクリスペルさんは話す。「ここでは誰も急いでいない」

 クリスペルさんは、グーグル・マップスが自分のウェブサイトに顧客を案内してくれることを当てにしているが、グーグル・マップスのサービズ開始以来、自分の牧場がいかに中心に位置してきたかに気づいていなかった。

 実のところ、クリスペルさんはグーグル・マップスを1度も使ったことがないという。

 「何かを探すときは、米ヤフー社か米マップクエスト社の地図サービスを使う」とクリスペルさん。

[日本語版:天野美保/多々良和臣]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2006

家計の利子・・・

<日銀試算>家計の利子収入300兆円消える  日銀の白川方明理事は23日の参院財政金融委員会で、バブル崩壊後の超低金利政策により、家計部門の利子収入が91年から04年までの13年間で304兆円失われたとの試算結果を明らかにした。91年に日銀が金融緩和に転じて以降、金利は極めて低い水準で推移し、預金を持つ家計部門の収入減につながった。(毎日新聞) - 2月23日19時19分更新 ========================== これってどういう事かというと・・・ 今朝の日経・・・『証券・銀行、相次ぎ増配 今期 野村・大和など過去最高』 つまりただ同然で家計から資金を調達し、融資をして運用益を出しているという事・・・ 日銀の量的緩和が長く続いた結果、マネーがだぶつきだした。金融機関は、融資したくて仕方がないって感じ・・・ 超低金利で日銀からの調達もただ同然だし、貸せば貸すだけ利益が出る構造・・・絶対に負けがないビジネスをやっているんだから・・・利益が出て当然・・・そのしわ寄せが家計にきているという構図・・・ しかも、これからインフレになれば、貨幣の価値は下がり固定金利で借金している人は万々歳・・・ この国で一番借金が多い人は誰でしょう・・・答え:日本政府 超インフレにしないと、国の借金が返せない・・・(^^; 時期がいつかというのを見極めるが難しいけど、近い将来かならずインフレになる・・・ 第一段階は、日銀の量的緩和解除の日・・・この日から、インフレが始まるぞぉ~・・・ =========================== <量的緩和政策>4月前後の解除に意欲 日銀総裁  日銀の福井俊彦総裁は23日の参院財政金融委員会で、「物価の上昇率が、安定的にプラスの状況になるのはもう目前」と述べ、量的緩和政策の解除条件が近く満たされるとの見解を明らかにした。その上で「条件が満たされたとの判断に至れば直ちに解除したい」と、4月前後に解除する可能性を示した。 金融市場では、量的緩和解除の可能性が高まっているとみて年明け以降、中短期金利の緩やかな上昇傾向が続いている。福井総裁は「金融市場で、ある程度(解除の)織り込みが進んでいる。市場の消化の仕方は我々の考えている(金融政策の)方向性とかなり平仄(ひょうそく)が合っている」と指摘。日銀の政策運営の説明が、市場に十分行き渡っているとの自信をのぞかせた。 解除後は、日銀当座預金残高を現在の30兆~35兆円から、数カ月かけて最低限必要な6兆円程度まで削減していく。 解除後の金利水準については、現状のゼロ金利が続くとの見方を示したが、「段階的に経済・物価の水準に見合った中立的な金利水準に余裕を持ったペースで修正していく」として、将来的な利上げに言及した。 金融政策の透明性向上については、4月28日公表予定の「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)で「07年度の見通しも示し、金融政策運営の経路を可能な限り説明できる内容にしたい」と述べた。インフレ目標に対しては「選択肢の一つ」と語りながらも「国民の物価観には、過去の低い物価上昇率が刷り込まれている可能性が高いことを勘案しながら政策立案したい」と述べ、政府・与党内から出ている欧州並みの2%程度のインフレ目標導入論には否定的な見方を示した。【塚田健太】 ◇総裁答弁で長短金利、円相場が急上昇 23日の東京金融市場は、福井総裁が国会答弁で量的緩和政策の早期解除に強い意欲を示したことを受け、長短金利や円相場が急上昇した。福井総裁の強気の姿勢に、市場では「量的緩和解除だけでなく、その後の利上げも想像以上に早くなる可能性がある」(米投資会社)との見方も出始めた。市場では、日銀の金融政策変更に対する思惑が一段と高まりそうだ。 短期金融市場では、量的緩和解除後の利回り上昇を意識し、大手金融機関などが手持ちの短期債を売る動きが続き、政府短期証券(FB)の業者間取引の利回りは0.04%と昨年12月以来の高水準となった。また、債券市場でも、福井総裁が「(実際の)経済・物価水準に見合った金利水準(中立水準)になるまでは金融引き締めではない」などと、ゼロ金利の解除も見据えたと受け取れる発言をしたことが影響。長期金利の指標となる新発10年物国債の流通利回りは、朝方の1.505%から1.555%まで跳ね上がった。 一方、東京外国為替市場では、これまでの日米金利差拡大観測が後退。円を買い戻す動きが強まり、円相場は一時、前日午後5時比1円22銭円高・ドル安の1=117円35銭まで急上昇、約1週間ぶりの円高水準になった。【竹川正記】(毎日新聞) - 2月23日19時58分更新

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新株発行費・・・

新株発行費が4~5億円かぁ¥¥¥¥

===========================

<ライブドア>どうする株券確保 上場廃止なら引き渡し義務
(毎日新聞 - 02月23日 10:35)
 証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)事件でライブドア株の上場廃止が秒読みとなり、株券の印刷が大きな課題に浮上してきた。ライブドアの発行済み株式10億5000万株のうち、株券が印刷済みの現物株は約1億~3億株ほどしかないとみられ、大半は新たに印刷して株主に渡さなければならないためだ。印刷費は1枚200円以上かかり、ライブドアは4億円以上の出費を迫られるとの試算もある。通常の企業は売買単位が1000株だが、ライブドアは1株のため、必要な現物株の枚数が膨れ上がる。同社は異例の100万株券の発行も迫られそうだ。

 上場企業の株券は通常、証券保管振替機構(ほふり)が株主と株券を管理し、投資家は現物株のやり取りをしない。ほふりの手元には、発行済み株式の3割ほどの現物株があるだけで、一部を個人投資家などが保有する以外は、発行会社が引き取って盗難などに備えて溶融処理している。

 上場廃止となれば、ほふりの管理はなくなり、商法の規定で発行企業は発行済み株券を株主に渡さなければならない。ライブドアは社内規定で1、10、100、1000、1万、10万、100万の7種類の株券を発行できるが、市場に出回っているのは1株券が中心で、枚数も1億~3億株程度とみられる。発行済み株式7億株余りが不足する計算のため、新たに印刷する必要がある。

 偽造防止のため精巧な技術が求められる株券の印刷は1枚200~500円が相場だ。100万株券など額面が大きい株券を交えても、印刷代は「約4億~5億円」(大手信託銀行)とされ、原則的にライブドアが負担する。

 株券が確保できても返却に時間がかかる。証券会社を通じて投資家へ返却される株券は、紛失などに備えマイクロフィルムによる撮影などが必要。2万人のライブドア株主を抱えるネット証券大手は「1日最大100件しか処理できず、全株主に渡し終わるまで1年かかる」とみており、頭を抱えている。【竹島一登】

===========================

株券って、そこら辺の文房具屋で売ってるって知ってるかい?
でも上場企業の株券は文房具屋で買ってくる訳にはいかんよねぇ・・・だってすぐ偽造できちゃうじゃん(^^;

今のライブドア株は、100円札みたいなもんだもんなぁ・・

100株券は、約1億円かぁ・・・

今日、いくらだっけ?

もう80円切ってると思うけど・・・
さすがに純資産価額より低くなってるような気がするけど・・・

上場廃止になれば、個人売買すればいいんだから、ヤフーオークションなんかで売りに出せばいいかも(笑)

ライブドア株売買サイトなんてできたりして・・・(笑)

「ライブドア株売買SNS」とか、「ライブドア株売買コミュ」とかね・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2006

今日のライブドア・・・2・・・

Continue reading "今日のライブドア・・・2・・・"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2006

今日のライブドア・・・

Continue reading "今日のライブドア・・・"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2006

シロアリどもめ~~~

Continue reading "シロアリどもめ~~~"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2006

おたく度チェック・・・

Continue reading "おたく度チェック・・・"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2006

気になる隣・・・

ランチで、後から来た人と相席になった。

食べおえて、そろそろ店をでようかなという頃合いになって、隣に座った2人組の会話が・・・

「明日は、ライブドアの社長と沖縄でゴルフだ」・・・な~んて話をしている、んんん・・・

ライブドアの社長???・・・って、弥生の社長の事か。

明日沖縄でゴルフって事は、拘置所にいるホリエモンじゃ無理だよね(^^;

とても気になったけど、ご飯は食べ終えているし、いつまでもいるのも変・・・(^^;

見た目は、50代くらいのしょぼいオヤジ・・・そういえば、ライブドアの新社長は60代だったなぁ・・・

赤坂って、たまにこういうのがある(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2006

議員年金廃止のいかさま・・・

よくよくニュースを聞くと、全廃という訳ではないらしい・・・なのに、『議員年金廃止法案』となっている???

という事は、廃止法案ではなく減額法案とか、是正法案とかいう名称の方が適切ではないか・・・

廃止ではないのに、廃止法案と名付ける図々しさ・・・巷では詐欺だの、偽装だの、粉飾など毎日ニュースを賑わせているのに・・・議員さまがこれじゃあね・・・示しがつくものもつかないね。。。

増税、社会保険料アップと国民の生活は決してよくはなってないし、国の借金も増え続けている・・・

議員年金もらえるほど、たいした仕事をしているとは思えない。

国民の暮らしがよくなって、国がまともになっているのであれば議員年金なんて好きなだけ取ればいいさ。

そういう政治家が増えるといいなぁ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »